Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 闘う主婦♪バンザイB型! リアルワールド
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.24 (Sat)

リアルワールド

久しぶりの桐野夏生です。

この本の前に桐野夏生を読んだのは、確か去年の秋で「ダーク」を読みました。
(文庫で上巻・下巻に分かれました。下の写真は上巻)
ダーク (上) (講談社文庫)ダーク (上) (講談社文庫)
(2006/04/14)
桐野 夏生

商品詳細を見る

本の登場人物にあんなにイライラしたのは初めてなくらい、
本当にイヤな女が書かれていて、もうイライラのあまりに、
途中で読むのを辞めようかと思ってしまった。
でも、桐野夏生の本にはだいたいイライラさせる人間が出てきます。
他の本では文体にイライラしたり、流れにイライラしたりはあるけど、
登場人物にイライラすることはまずありません。
「OUT」の邦子、「グロテスク」の和恵、にもイライラさせられましたが、
「ダーク」の久恵には及びません、私には。

で、昨日23日に読んだのは、リアルワールド。
リアルワールド (集英社文庫(日本))リアルワールド (集英社文庫(日本))
(2006/02/17)
桐野 夏生

商品詳細を見る


4人の女子高校生が、そのうちの1人の家の隣で起きた、
母親殺しの息子の逃亡に関わってしまう話です。

出てくる女子高生たちの気持ち、よくわかります。
母親を殺して逃亡する息子の気持ちもよくわかります。

読み終わった後のスッキリ感は一切味わえませんが、
これは桐野夏生の本では毎度のことなので、いいです。
そんなこと求めてません。

今回はそんなにイライラするほどの登場人物はいませんでした。
逆に言えば、みんなそこそこイライラさせるくらい。
読むの辞めようなんてことは全く思わなかったので大丈夫。

おもしろかったです。

テーマ : 最近読んだ本 ジャンル : 本・雑誌

22:54  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://makura723.blog80.fc2.com/tb.php/648-242f6d6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。