Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 闘う主婦♪バンザイB型! アクシデント
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.26 (Wed)

アクシデント







24日のこと。


散歩前に1人除雪をしてました。

三角屋根のわが家は雪が落ちて山になります。

その山がだいぶ高くなったので、山を崩していたところ、
左足がズボッと膝上まで埋まった。


抜けない。

全然動かない。


屋根に雪は積もったまま。

落ちてくるんじゃないの?


んー、さすがに私も少し慌てる。


仕方ないので、長靴を脱いでソックスのまま雪に足をつき、
両手で長靴を引っ張るも抜けない。

全然抜けない。


左足がソックスのまま、スコップで長靴近辺を掘ること数分。

長靴救出成功。


屋根から雪が落ちて来たら埋もれてたわ~。

危なかった。





そして今日。


午前中から、だんなサマと除雪。

軽く吹雪いてましたが、仕方なく除雪。


車の屋根の雪を降ろしている時、家の屋根にできた雪庇が私の頭直撃。


雪の量も少なかったし、
昨日の夜から出来た雪庇でやわらかかったし、
雪をかぶっただけで、もちろんケガもなし。



まだ12月なのに、除雪中のアクシデント頻発…。

先シーズンは、ママさんダンプと家の壁に挟まれ、
肘を擦りむくという事態になりました。


この前、北海道犬くんのお父さんに言われたんだよな、

「実家にいた時は除雪してましたか?」って。

もちろん「するわけないですよ」ですよ。


除雪の仕方というのは、親から子へと受け継がれていくものなのだろうか?



除雪技術、全然上達しない。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

23:32  |  わたくしごと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■北海道文化の継承

雪掻き作法は、奥が深い。
職人技ともいえます。

我が家でも、伝承は完全に失敗。
ずうっと一軒家に住みながら、継承対象者は全く興味を示さず。

それにしても、落雪構造屋根とは今時見上げたもの。

1.足場を固める。まず足場となる部分へ、雪を階層的に置き、踏み固めつつ前進のこと。
2、どんな小さな雪庇でも、雪庇下には近づかない。脊椎損傷半身不随の実例あり。
3、道具を揃え、作業に適した物を選ぶ。ママさんダンプも大中小があるので、排雪経路に適した武器を使用のこと。

なんて、言っていて、散歩あとの雪掻きは汗をかくからと、薄着をして、風邪をひいた年寄りがいましたとさ。
禅の飼い主 |  2012.12.31(月) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

♪禅の飼い主さん

三角屋根は雪落としの必要がないのはいいのですが、
雪の落ちる場所を除雪しなきゃならないのがつらいです

昨日は雨が降ったり気温が上がったりで、
たまっていた屋根の雪が落ちて、
それを除雪しなきゃ出かけられませんでした。

わが家ではママさんダンプよりたくさん載せられる、
パパさんダンプを使用してます。

軽い雪だとその性能を発揮してくれますが、
重い雪だとたくさん載せると重さにびっくりします。
調子に乗ってたくさん載せると痛い目にあいます…。

禅くん、体力有り余っちゃってますか?
今日の公園は、友達と入れ違いになってしまったみたいで、
結局誰にも会えませんでした。

残りわずかですが、よいお年を~!ら来年もよろしくお願いします。
なつみ |  2012.12.31(月) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://makura723.blog80.fc2.com/tb.php/1549-a0c0f810

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。